【看護師の国家試験】勉強でやる気が出ない時の対処法をご紹介!

学生さん

看護師国家試験の勉強をそろそろ始めないといけないのに、やる気が出ません・・・

この記事を読んでいるあなたは、国家試験の日が迫っているのに、勉強にやる気が出ず、いつまでも国試対策に取り組めていないのではないですか?

実は、私もなかなか国試の勉強を始めることができずにいた一人です。

しかし、あることがきっかけでやる気を出し猛勉強の末、無事に看護師と保健師の国家試験に合格することができました。

今回は、私が国家試験対策に取り組むようになったきっかけ、具体的にどのようにやる気を継続していたのかについてまとめています。

やる気が出ずに勉強ができないと悩んでいるあなたの悩みが解決できる記事となっています。

この記事を読み終える頃には、勉強のやる気が復活し、勉強に前向きに取り組めるようになるはずです!

目次

マークシート方式と高い合格率が原因?

私は周りが、「そろそろ就職試験だね」と言い出せば、「あ、そうなんだ、じゃあ私も病院調べないといけないな、、、」
「いよいよ国家試験だね」と言い出せば、「そうか、そろそろ勉強しなきゃいけないな、、、」というくらい、かなりスタートダッシュが遅かったです。

案の定、周りの友達が希望の就職先に合格する中、私だけ就職試験に落ちて「あれ?」と思い、実習後の模試で周りの友達が良い成績を残す中、問題がさっぱりわからなかった自分に対し、「私って超ヤバイんじゃないか?」と気づいたんです。

「やる気が出ないから、勉強できません、、、」

なんて言ってる場合じゃないことに早く気づいてください!!!

実際に、国家試験はマークシート方式で合格率も高いです。

一見、「ちょっと勉強すれば受かるんじゃない?」と思ってしまいがちですが、範囲は膨大で、前半の必修問題で8割取らないといけなかったり、覚えてないと考えてもわからない問題だったり、しっかりと勉強していないと落ちるときは落ちます!

合格率が9割とはいえ、私の友達の中には就職先も決まっていたのに国家試験に落ちて、看護助手として悔しい思いをしながら1年働いた人もいます。

楽観的に考えすぎていて後悔することがないように、今置かれているあなたの状況を把握し現実を見つめることが大事です。
あなたには2つの選択肢があります。

①やるか。
②やらないか。

、、、やるしかないんです!

「やる気が出ないからどうしよう」と考えるのではなく、「やるからには何から始めよう」というように考えてみましょう。

やる気を継続するコツ

少しはやる気が出てきましたか?

でも、さらに難しいのは、このやる気を継続することですよね?

ecca

では、私が、どのようにやる気を継続して勉強していたのか、そのコツをお伝えしますね!

勉強する場所を決める

まずは、勉強する場所を決めましょう!

あなたが集中して勉強できる場所はどこですか?

メリハリをつけるのが上手な人ならいいですが、勉強する場所休憩する場所寝る場所気持ちの切り替えをするためにも分けておいた方がおすすめです。

また、勉強する場所はできることなら2、3箇所探しておくと尚良いです。

私は自宅の目の前に図書館があったので、いつも勉強場所はそこと決めていました。

友達の勉強する姿を見て、分を奮い立たせるために学校の図書館に行くこともありました。

友達と一緒なら、問題の出し合いをしたり、気分転換もできますね!

そして、本当に一人っきりで集中してやりたいときは、ゼミの先生の研究室で勉強していました。

ecca

気分によって、いくつかの勉強場所を使い分けるといいですよ。

1日に達成できるノルマを作る

勉強を始める前に、「今日は最低でもこれだけはやる」というノルマを作るようにしましょう!

多すぎると「今日はできなかった」と自己嫌悪になってしまうので、「今日もできた!」という達成感を感じるためにも、最低でもできる範囲にすることが大切です。

また、何もしない日が1日でもできてしまうと、やる気が途切れてしまい、「明日からでいいや」と負のループに陥ってしまう可能性があるので、毎日少しでもいいので国試対策に触れるようにしましょう。

そして、1日のノルマが達成しても、まだまだやれそうであればどんどん進めていきましょう。

私は「今日は過去問3年分の母性をやる!」というふうに分野で分けていました。

そうすることで、頻出問題やその分野での問題の傾向が見えてくるのでおすすめですよ。

自分の成長を確認することでやる気につなげる

私が、国試対策で使った本は過去問とレビューブックの参考書のみです!

同じ問題を何度も繰り返すことで、前回わからなかったのに今回はできた!と自分の成長に気づくことができます。

問題を解けるようになってくると面白いと感じることができ、やればできるんだ!とやる気につながります。

暗記用ノートを1冊作る

これはどうしても丸暗記するしかない!というようなものを1冊のノートにまとめることをおすすめします。

それをいつも持ち歩くことで、隙間時間に勉強できる上に、「私は今目標に向かって勉強を頑張っているんだ」ということを再認識でき、やる気の継続につながります。

眠いときは寝る

眠いときは寝ましょう!

睡魔と戦いながら勉強することは、かえって勉強の効率を下げてしまいます。

私の場合、自宅は寝る場所と決めていたので、そこから反対に勉強の場所に行くことで、「よし、やろう!」とスイッチが入るようになりました。

まとめ

今回は、私が国家試験対策に取り組むようになったきっかけ、具体的にどのようにやる気を継続していたのかについてお話しました。

やる気が出ないからどうしよう」ではなく、「やるからには何から始めよう」と考えよう!

【やる気を継続するコツ】
・勉強する場所、休息する場所、寝る場所を決めよう!
・同じ問題を解いて自分の成長を確認しよう!
・1日で達成できるノルマを作ろう!
・隙間時間を活用し、常に目標を再確認しよう!
・睡眠時間を確保しよう!

看護師国家試験は今までの集大成なので、プレッシャーもあり焦りや不安から勉強がなかなか手につかなくなることもありますよね。

また、本番までやる気を持続して勉強し続けるのはなかなか根性がいるものです。

今回紹介した方法は簡単なものばかりですので、自分のできることから実践してみてください!

「私はやった!もうやることはない!あとは試験を受けるのみ!」と準備万端で試験に臨むことができるよう祈っています!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる