安くて扱いやすいSPF材とは?DIY初心者にお勧め!

タピ

作りたいものは決まったけど、どんな木材で作ったらいいのかわからない。
SPF?ホワイトウッド?ワンバイ?ツーバイ?何それ?

いざ、DIYしようと思っても、DIY初心者には一体どんな木材を選べがいいのか全くわかりませんよね。
私も最初は絵本棚を作る気マンマンで、ホームセンターに木材を買いに行ったはいいものの、どれを買えばいいのか全くわからず、結局何も買わずに帰ったという経験があります、、
そこで今回は、DIY歴8年の私がDIY初心者にお勧めする、安くて扱いやすいSPF材について解説していきたいと思います!
SPF材と一緒にツーバイ材という言葉もよく聞くと思いますが、それについても一緒に説明していきますね。

ecca

それでは、いってみましょう!

目次

SPF材とは?

現在、2×材で最も多く使われている樹種は、「SPF(エスピーエフ)」と呼ばれるもの。
これは、スプルース(Spruce、米トウヒ)、パイン(Pine、マツ類)、ファー(Fir、モミ類)などの常緑針葉樹の総称で、いずれも成長が早く加工がしやすいことから、建築材である2×4材に適しているとして昔から使われてきました。主産地はカナダ、アメリカです。

引用元:KOMERI.COM

SPF材は、成長が早いので安いというメリットがありますが、その分密度は低くなってしまうので耐久性はあまり高くありません。
また、虫にも弱いので屋外での使用は不向きと言われています。

ecca

私は防腐剤入りの塗料を塗って、屋外でも使用しています!

しかし、材質が柔らかいので扱いやすく、DIY初心者には非常にお勧めです!

SPF材は安くて加工しやすく重宝されるため、ホームセンターなどに大量に置かれていますが、なかには木材が反っているものや節があるものなどがあるため、購入の時には注意しましょう。

選ぶ時のチェックポイント

木材が反っていないか

反りや曲がっているものも結構ありますので、柱や壁などの並行なものに合わせてみて、反りをチェックしましょう。

大きな節がないかどうか、節抜けがないかどうか

一つも節がないものを探すのは困難ですが、節の部分は硬くて切れなかったり、ネジが入らなかったりとなかなか面倒です。
大きな節だと抜けたりもしますので、あまり節のないものを選びましょう。

ひび割れがないか

ひび割れも結構な頻度で見かけますので、購入前にはよくチェックするようにしましょう。

ヤニが出ていないか

ヤニが出ていると、カビの原因になったり、後々かなり面倒なことになるのでヤニが出ていないものを選びましょう。

SPF材は木材の名称、ツーバイ材は木材の規格サイズ

DIY初心者さんとって、SPF材やツーバイ材というのは聞き慣れない言葉だと思います。

よく同時に出てくる言葉なので、混同してしまうことも多いですが、「SPF材」というのは木材の名称で、「ツーバイ材」というのは木材の規格サイズです。

ecca

私は最初、SPF材=ツーバイ材だと思ってました、、


「2×○」(ツーバイ材)という規格サイズで、2×2、2×3、など様々なものがあります。

ツーバイ材の他にも「1×○」(ワンバイ材)という規格サイズもありますよ。

ecca

私は1×4(ワンバイフォー)のサイズをよく使用しますよ!

サイズ表

タピ

ワンバイ材、ツーバイ材というのは「1×○」「2×○」というのはわかったよ!
てことは、「1×4」は「1cm×4cm」だね!

違うんです!

「cm」だったら覚えやすいのですが、「cm」ではなく「インチ」なのです(泣)

ecca

だから、なかなか覚えにくいんですよね、、
私もいまだに覚えられません。

購入の際はこちらのサイズ表を参考にしてください!

ワンバイ材

1×○厚さ(ミリ)× 幅(ミリ)
1×219 × 38
1×319 × 64
1×419 × 89
1×619 × 140
1×819 × 184
1×1019 × 235
1×1219 × 286

ツーバイ材

2×○厚さ(ミリ)× 幅(ミリ)
2×238 × 38
2×338 × 64
2×438 × 89
2×638 × 140
2×838 × 184
2×1038 × 235
2×1238 × 286

SPF材で作った物

【絵本棚】
私がDIYを始めたきっかけとなった絵本棚です。

【おもちゃ箱】

【TV台】

【ベンチ】

【飾り棚】

【柵】

ecca

まだまだ一部ですが、こうやって見てみると、ほとんどがSPF材を使っていますね!

まとめ

DIYを始めたばかりの時は、どんな木材を使ったらいいのかわからないと思いますが、材料費を抑えるためにもSPF材を使っておけば間違いないです!

購入する際は、上記注意点を参考に、できるだけ良いものを選ぶようにしてくださいね!

ぜひ、SPF材を使ってたくさんDIYしてみてください!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる