ジャカルタには冷凍食品がない!毎日悩む子供のお弁当の中身事情

タピ

毎日毎日子どものお弁当に悩む、、
みんな、どんなお弁当を持たせてるんだろう、、

ジャカルタに来て2日目、ジャカルタでのスーパー事情なども一切分からないまま、いきなりお弁当作りが始まってしまいました!

しかも3人分!!

とりあえず、お弁当に入れられる冷凍食品を探しましたが、

レンジでチンする冷凍食品が見つからない!

ecca

え?もしかしてレンジでチンする冷凍食品ってないの??

料理が得意ではない私が、日本よりも食材の少ないジャカルタで毎日3つのお弁当を作るのはなかなかつらいものでした。

友達との会話はいつも「あー、明日のお弁当何にしよう、、」

でもその中で「あ、それもアリなのね!」とたくさんのアイディアをもらいました!

今回の記事ではジャカルタの食材事情や毎日のお弁当のヒントになるような情報をお伝えしようと思います!

【この記事でわかること】

・ジャカルタの食材はどこで手に入るか
・日本から持ってきた方がいいお弁当お助けグッズ

目次

ジャカルタの食事情

ジャカルタには日系スーパーや韓国系スーパーなど多くのスーパーがありますが、お肉が臭かったり、野菜に虫がいたりするので、私はお肉と野菜は主に日系スーパーのPapaya(パパイヤ)を利用しています。

現在、Papaya(パパイヤ)はジャカルタに4店舗あります。

・パパイヤ フレッシュギャラリー メラワイ店
・パパイヤ フレッシュギャラリー ブミマス店
・パパイヤフレッシュギャラリー 1パーク店
・パパイヤフレッシュギャラリー シティウォーク店

渋滞の多いジャカルタで「お肉はここ、野菜はここ、日用品はここ!」とお店をはしごしていたら、買い物だけですごく時間がかかってしまいますので、パパイヤだと1カ所である程度のものが揃うという利点もあります。

それでもレシピを考えていったのに、「今日はもやしがない!」など欠品していることも多々ありますが、、、(泣)

日系スーパーといえば、食材が豊富なイオンもありますが、私の家からはちょっと遠いので、普段の買い物に利用するにはパパイヤが一番便利です。

ecca

パパイヤでは最近、日本の冷凍食品(レンジでチン)も販売されていますが、値段が高いので毎日使いするにはちょっと厳しいです。

ジャカルタのお弁当作りで困ったこと

私が冷凍食品(レンジでチン)が欲しかったのは、何と言っても朝が早いからです。

日本人学校のバスは朝6時にアパートに到着するので、それまでに朝ご飯を食べさせてお弁当3つを作っていると毎朝バッタバタです。

しかも私は早起きが超苦手、、、

こんな時、

冷凍食品(レンジでチン)があれば助かるのに、、、

このお弁当作りさえなければジャカルタ生活快適なのに、、、

くらい思っていました。

また、食材もそうですが、お弁当グッズもどこに売っているかわからずに、最初の頃は色々なお店を探しまくりました。

結局、ダイソーで見つかったのですが、ジャカルタのダイソーは100円じゃないんです、、、

2.5倍くらいするので、日本の感覚でポンポンカゴに入れていたら、お会計の時にびっくりする値段になりますよ。(笑)

もう一つ、なかなか見つからずに困ったものは卵焼き用フライパンです。

おかずカップが高かったので節約したくて、卵焼きを作りたかったのですが、四角いフライパンがなかなか見つかりませんでした。

これは、最終的に一時帰国の時に日本で買って持って行きました。

お弁当お助けグッズ

初期の頃は本当にお弁当に困っていたので、友達ができるたびに「みんな、お弁当って何入れてるの?」って聞きまくっていました。(笑)

そんな時に、友達が「スープジャーがあったら便利だよ!」と教えてくれました!

普段、お弁当には夕飯を多めに作って冷凍しておくようにはしてたものの、例えば、カレーやシチューの時とかに次の日に「入れるものがなーい!」ってことがあったので、スープジャーがあれば、カレーもいけるし、シチューもいけるし、スープもいける!

なんでこんなことを思いつかなかったのかという感じですが、お弁当といえば、お弁当箱に入った「典型的なお弁当」しか頭になかった私は、スープジャーのお陰で1週間のうちの1、2回はお弁当作りが楽になりました。

そして、ある日、学校から帰ってきた子どもが「〇〇ちゃんはスープジャーにうどん入れてたよ!」と。

「え、お弁当にうどん?」と思いましたが、「なるほど!それもありなのね!」と私のお弁当の概念は完全に崩れ去り、レパートリーにうどんとそうめんが追加されました。(笑)

【日本から持ってきた方がいいお弁当グッズ】

・お弁当箱
・保冷剤
・保冷できるお弁当袋
・スープジャー
・水筒

インドネシアはお弁当という習慣がないので、あまりお弁当グッズは見かけません。
ダイソーやイオンなどには売ってますが、品質や種類の多さから見て、日本で買って来た方が良いと思います。

水筒に関してはなかなか1リットルサイズの水筒は売ってないので、絶対に日本から持って来ることをおすすめします。

まとめ

今回はジャカルタでの子どものお弁当事情について、お話しました。

現在はコロナの影響で日本に一時帰国していますが、日本の給食を体験した我が子は、「ジャカルタの学校のお弁当の方がいい!だって好きなのしか入ってないもん!」と言っています。(笑)

なかなか栄養満点とはいきませんが、ジャカルタでのお弁当作りのヒントになればいいなと思います。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる