つらい看護実習を乗り越えるためのコツとおすすめグッズ7選!

突然ですが、あなたは看護実習に対して、どのような悩みを持っていますか?

学生さん

・実習指導者さんが怖い!
・患者さんとのコミュニケーションが難しい
・看護計画が立てられない
・毎日記録と事前学習で寝る時間がない

このような悩みを抱えて、実習がつらくなっていませんか?

今回の記事では、元看護師の私が、つらい看護実習を乗り越えるコツ、実習を乗り越えてよかったこと、実習におすすめのグッズをまとめていますので、実習がつらいと思っているあなたの悩みを解決できる内容となっています。

この記事を読み終える頃には、つらいと思っていた実習を前向きに捉えることができるようになるはずです。

目次

看護実習を乗り越えるコツ

看護実習と聞くと「大変」「不安」「つらい」などマイナスなイメージばかりですよね?

私も、今思い出してもつらかった思い出しかありません(泣)

ecca

具体的にどのようなことがつらいのでしょうか?

【看護実習の何がつらいの?】

・実習先の病院が家の近くにあるとは限らないので、基本5時起き。
・担当患者さんが気難しい人に当たってしまうと最悪。
・実習指導者さんが怖い。
・家に帰っても記録、記録、記録のオンパレード寝られない。
・次の日に、寝ずに書いた記録が尽くダメ出しされる。
・それが半年続く、、

学生さん

こんなつらい実習に、乗り越えるコツなんてあるんですか?

ecca

あります!

看護師になるためにはこの実習を乗り越えるしかありません。

そのためには、

  • 完璧を求めない。
  • 提出物はとりあえず出す!

この2つのポイントを押さえて乗り切りましょう!

毎日提出物があると思いますが、完璧でなくてもとりあえず出しましょう!

でも睡眠時間は必ず確保してくださいね。

睡眠不足で倒れてしまったら元も子もありません。

もちろん、担当の先生や指導者さんにOKを貰わなければなりませんが、完璧を求めすぎると時間がいくらあっても足りません。

提出物は7割できていればOKです。

あとは遅刻、欠席しないで実習を終えられたら100点満点です!

という私は、一度寝坊して遅刻したことがあります。

当時は本当に笑えませんでした、、(笑)

看護実習を乗り越えて良かったこと

つらいことが多いが、良い出会いもある。

いろいろな人の看護観を知ることができ、今後、看護師になってどのように進んでいきたいのか方向性を定めることができました。

看護実習と同じくらいつらい新人ナース1年目を乗り越えることができた。

晴れて看護師になっても、またつらい新人ナース1年目の時代がやってきます。

ですが、あの暗黒の実習時代を乗り越えることができたから、つらい新人ナース1年目の時期も乗り越えることができました。

急に働かなくてはいけなくなったときに、すぐに働くことができた。

リーマンショックの際、旦那さんのお給料だけでは生活できなくなり、急に働かなくてはいけなくなりましたが、職探しを始めて1週間後には看護師復帰していました。

看護師の資格を持っていて、本当に良かった!と一番強く感じた出来事です。

おすすめグッズ7選をご紹介!

ecca

最後に、つらい看護実習に役立つおすすめグッズをご紹介していきます!

①お気に入りのメモ帳

実習中はたくさんメモをします。

カルテ情報はもちろん、検査などの見学、指導者さんの話、と常にメモっている感じです。

なので、ポケットに入るサイズで、ページ数が多いものがいいですね!

お気に入りのメモ帳でテンション上げていきましょう!

②3色ボールペン

ボールペンはバイタルサインを記録するので、3色あるものにしましょう。

また、時々患者さんにボールペンを貸してくださいと言われることがあります。

そのような時のためにも、サブのボールペンを忍ばせておくといいでしょう。

コミュニケーションのきっかけになるかもしれませんよ。

③時計

行動記録や、バイタルサインの時の必需品です。

腕時計は禁止という施設もあるので、胸元にクリップで留められるナースウォッチが便利です。

④聴診器

小児科の実習でも使えるようにダブルタイプがおすすめです。

様々なカラーがありますので、お気に入りのものを選びましょう。

人と被らないような色だと自分の物だとすぐにわかるのでいいですよ!

⑤ハサミ

これも持っているといろいろな場面で役に立ちます。

ハサミを落とすと危ないので、ストラップを付けてくださいね!

⑥ポケットサイズの参考書

ポケットに入れられる参考書は限られていますが、検査値用語略語などは、その場で調べて解決した方がいいです。

必要最低限のことが載っている参考書を一つポケットに入れておきましょう。

⑦最後は栄養ドリンク!

これは、必須と言っていいかもしれません。

飲み過ぎには注意ですが、、、

まとめ

以上、つらい看護実習を乗り越えるコツとおすすめグッズをご紹介しました。

【看護実習を乗り越えるコツ】

・仲間とつらさを共有しよう!
・提出物は7割できていればOK!
・睡眠時間は確保しよう!

【看護実習を乗り越えて良かったこと】

・いろんな看護観に出会える
・自分の目標が定まる
・やっぱり手に職は強い!

看護実習は本当につらいことばかりかもしれませんが、この経験が無駄になることは絶対にありません。

看護師になるためには誰もが通る道ですので、今回の記事を読んでいただき、少しでもみなさんの看護実習が充実したものになればいいなと思います。

頑張ってください!!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる