電動ドライバーとインパクトドライバーの違いは?初心者が買うならどっち?

タピ

手動にも限界があるし、そろそろ道具を買おうと思ってるんだけど、そもそも電動ドライバーとインパクトドライバーとの違いは何?

DIY始めるならコレだけは持っておきたい電動ドライバー。

私も早々に手動でドライバーを回すのに限界を感じ、すぐに道具を購入しようと思ったのですが、電動ドライバーとインパクトドライバーの違いがわからず、何を買えばいいのかすごく迷いました。

そこで、今回はDIY初心者がまず始めに揃えるであろう電動ドライバーとインパクトドライバーについてお話していこうと思います。

ecca

それではさっそくいってみましょう!

目次

電動ドライバーとインパクトドライバーの違い

DIYをするのに欠かせない道具が電動ドライバーです。

私は初めてプランターステージを作った時、無謀にも手動のドライバーを使い、手が痛くなって早々に電動ドライバーを購入しました。笑

電動ドライバーには2種類ある

正確にいうと電動ドライバーとインパクトドライバーではなく、ドリルドライバーインパクトドライバー、この2つをあわせて「電動ドライバー」と呼びます。

電動ドライバー

ドリルドライバー

インパクトドライバー

ややこしいのですが、ここでそれぞれの違いについてご紹介していきますね♪

ドリルドライバー

簡単にいうと、電動で回るドライバーです。

回転数を調節できるので、ネジを絞めすぎるということがありません。

また、ビットを代えれば、ドリルとしても使用できます。

インパクトドライバー

インパクトドライバーは打ち込みながら、回転するということです。

パワーがあるので、下穴をあけていない状態でもビス留めができたりします。

パワーがある分作業は早いですが、打ち込みながらネジ締めをするため結構大きな音がします。

また、押す力も入りますが押している手にも衝撃が来るため、女性で力がない方などはすぐに手が疲れてしまうかもしれません。

こちらもビットを代えれば、ドリルとして使用できます。

ドリルドライバーとインパクトドライバーの違い

インパクトドライバーとドリルドライバーの大きな違いは打ち込みがあるかないかです。

ドリルドライバーにはスピード調節ができたり、チャックの大きさを調節できるので、さまざまな形のビットが取り付けられるなど、細かい違いはあります。

DIY初心者さんがネジ締めに慣れるまでは、ゆっくり回るドリルドライバーが向いているかもしれませんが、大きなものを作るようになれば、パワーのあるインパクトドライバーが向いているかもしれません。

初心者が買うならどっち?

タピ

ドリルドライバーとインパクトドライバーの違いはわかったけど、結局どっちを買ったらいいの?

本来ならば、ドリルドライバーとインパクトドライバーを使い分けていくのが一番いいと思いますが、「大は小を兼ねる」ということで、インパクトドライバーが一つあれば十分です!

ecca

ちなみに私はドリルドライバーとインパクトドライバーのセットを購入しましたが、インパクトドライバーしか使っていません。笑

\\私の愛用ドライバー♪//

バッテリーが重たいと女性だとすぐに手が疲れてしまうかもしれませんが、コレだと充電池が小さいので、小回りが聞きますし女性でも扱いやすいですよ♪

そして、バッテリーがインパクト用とドリル用で2つ付いているので、バッテリー切れしてもすぐに交換して作業を再開できます!

結局私はドリルドライバーとインパクトドライバーを持っていますが、ほぼほぼ使っているのはインパクトドライバーのみです。笑

初めのうちは力の入れ具合が難しいと感じるかもしれませんが、すぐに慣れますよ♪

充電式か電源式

電動ドライバーを購入する時に、もう一つ考えないといけないことがあります。

それは、バッテリーをチャージする充電式コンセントに繋いで使用する電源式かということです。

それぞれのメリットとデメリットをご紹介しますね。

メリットデメリット
充電式・ケーブルがないため、小回りがきく・こまめに充電を繰り返す必要がある
・バッテリー自体が消耗品なので、消耗したら購入しなければならない
電源式・充電する手間が省ける・ケーブルの長さの範囲内でしか作業することができない
ecca

それぞれ、メリットデメリットはあるので、ご自分の作業環境に合わせて購入するといいですよ!

まとめ

今回は、「電動ドライバーとインパクトドライバーの違いは?初心者が買うならどっち?」ということで、DIY初心者さんにとっての必須道具である電動ドライバーについてまとめてみました。

電動ドライバーにはドリルドライバーとインパクトドライバーがある
インパクトドライバーだけでもDIYはできる
充電式と電源式があるので、自分の作業環境に合わせて選ぶ

お気に入りの道具を使えば、DIYライフも楽しくなるので、しっかり吟味してお気に入りの電動ドライバーを見つけてくださいね♪

以上、最後までお読みいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる