新卒看護師の配属先の決め方は?人気のある科をご紹介!

学生さん

配属希望を出さないといけないのですが、どこを選べばいいのかわかりません。
自分に合う科もわからないし、、、
希望通りいかなかったらどうしよう、、、

この記事を読んでいるあなたは、こんな悩みをお持ちではないですか?

看護師といっても、配属先によっては学ばなければならない知識や技術は大きく違ってきます。

初めての配属先は今後の看護師人生を大きく左右するともいえるでしょう。

ecca

でも大丈夫です!

今回の記事では、元看護師の私が新人看護師の配属先の決め方、そして、残念ながら希望が叶わなかったときの気持ちの切り替え方についてまとめています。

自分に合う科が分からず、希望の科を決められないという方や、希望が叶わずやる気を失ったいう方の悩みが解決できる記事となっています。

この記事を読むことで、新たな配属先で護師としての希望に満ちた第1歩を踏み出すことができるでしょう!

目次

新人看護師の希望の配属先はどこにする?

晴れて国家試験に合格し、看護師人生が始まるのですが、初めて配属される科がどこになるのかはすごく気になりますよね!

ほとんどの病院が第3希望くらいまで配属先の希望を聞いてくれるのですが、自分にはどこの科が合うのか分からず、悩む方も多いかと思います。

適性など難しいことは考えず、自分が行きたいと思う科で良いのですが、この機会にもう一度、どのような看護師を目指していくのか再確認してみても良いかもしれませんね。

希望はどのくらい通るのか?

新卒時の配属希望はどのくらい通るのでしょうか?

出典(「ナースではたらこユーザーアンケート –看護師の希望する診療科調査–)

こちらの記事を見てみると、約6割の人たちが希望が叶ったということですね!

私も実際に配属先を決める際は、第3希望まで希望を出し、結局、第1希望の消化器外科に配属されました。

私はできるだけ早く、いろんな処置ができるようになりたかったので、消化器外科を希望しましたが当時その病棟は人間関係が悪く、希望する人が少なかったからかもしれません。(笑)

ローテーションは必ず来る

3〜5年おきに看護師には人事異動があります。

以前から希望を出していて、そこで希望が叶う人もいれば、「え?私がそこに?」と思いもよらない部署へ移動する場合もあります。

部署移動すれば、また1から学ばなければいけないことがたくさんありますが、わからないことを聞く時に、新人が聞くのと4年目の看護師が聞くのとでは訳が違います。

新人時代ははっきり言って、何をしても怒られます。

逆を言えば、新人時代はわからないことは何でも聞けるし、どんどん怒られて多くのことを吸収できる貴重な時期なのです。

その時期に楽な病棟で過ごすか、ハードだけれど多くのことを体験できる病棟で過ごすのかで、3年後の看護師としての成長度はかなり違ってくるものです。

もし、自分がやっていけるか不安だけど、やってみたい部署があるのであれば、ぜひチャレンジしてみることをおすすめします!

人気の科はどこ?

実際に人気の科はどこなのでしょうか?

出典(「ナースではたらこユーザーアンケート –新卒時の配属希望先はどこ?–)


1位は、消化器外科・消化器内科、2位は小児科、次いで同率3位が整形外科・形成外科となっています。

しかし、病院によっては病棟構成の関係で混合病棟になっていたり、人間関係の良し悪しで人気が割れることもあります。

実際に、私が就職した病院では人間関係が悪く、厳しい人が多いという理由で、私の第1希望の消化器外科は不人気でした。(笑)

残念ながら希望の科に行けなかった時

半分以上が希望の配属科に行けるとはいえ、100%ではありません。

希望とは全く違う科へ配属される人もいます。

学生の時から、”ここの科で働きたい!”と思っていた人なら尚更、希望の科へ行けなかったらモチベーションが下がってしまいますよね。

でも、今の科でずっと働き続けるわけではありません。ローテーションがありますので、必ずチャンスが訪れます。

私は消化器外科で3年働き、手術後の看護をする中で、手術自体に興味がわき、次にローテーションするなら手術室が良いなと思いました。

また、自分が出産経験をすると今度は産婦人科に興味がわき、助産師の資格を本気で取ろうかなと考えたほどです。

希望の科があっても、今後いろいろな経験を積むことで目標も変わっていくかもしれません。

その時に希望の科へ行けるよう、今は与えられた場所で看護の基礎を磨きましょう!

決して無駄な経験などありません。

まとめ

今回は、新人看護師の配属先の決め方、そして、残念ながら希望が叶わなかったときの気持ちの切り替え方についてお話しました。

【配属先の決め方】
・配属希望のは半分以上は希望通りになる
・貴重な新人時代はチャレンジしてほしい

【希望の科に行けなかった時の気持ちの切り替え方】
・必ずローテーションがあるので、自分はどんな看護師を目指しているのかを常日頃から考えておく
・今は与えられた場所で看護の基礎を身につけることが大切

一言で看護師と言ってもいろいろな看護師がいて、いろいろな看護の場所があります。

常に自分の目標を持って、その場所へ近づけるよう日々看護スキルを磨いていってください!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる