ジャカルタ生活には欠かせない?【ドライバー事情】

ジャカルタへ帯同が決まった時、主人から「運転手が付くよ!」と言われ、

ecca

えー!なんてセレブな生活!?

なんて思いましたが、実情はちょっと違いました。

今回の記事では安全面や交通面の関係でジャカルタ生活には欠かせないドライバー事情をまとめています。

ドライバーを雇う上で気をつけなければならないことや、契約の仕方などについても詳しくお話ししますね!

【この記事でわかること】
・ジャカルタ生活でのドライバーの必要性
・ドライバーとの契約の仕方
・ドライバーとの良い人間関係の築き方

目次

ジャカルタ生活にドライバーは欠かせない?

ジャカルタでの生活がまだ全く想像できていない時、「ドライバーなんて贅沢だなー」と思っていた私。

しかし、初めてジャカルタに到着した時、

「納得!!」

セレブだとかそういうことではなく、日本人がジャカルタで生活する上でドライバーは必要なのです!

なぜかというと、ジャカルタの交通事情は、

・至る所で渋滞
・バイクが多い
・ちょっと道を外れたらすっごく狭い道&治安が悪い
・信号なんてあってないようなもの
・譲っていたら一生曲がれないT字路

これでは、自分で運転なんて到底無理!

また治安の面からも会社から車以外での移動は控えるように言われますので、歩いて行ける距離のスーパーに行くにもドライバーに連れて行ってもらいます。

ジャカルタで生活する上で、車とドライバーは生活必需品なのです。

もちろん、家庭車がない人もいるので、そういう場合はタクシーを使います。

ですが、インドネシア語が全く分からないうちは、タクシーでの移動はなかなかハードルが高いと思います。

ドライバー生活のメリット・デメリット

日本では一人で自由に行動できた生活から、一変!

どこかに行く時は必ず、ドライバーを呼んで、行き先を伝えて、渋滞にハマりながら到着時間の予想ができない生活。

ecca

かなり不便で最初は慣れるまで結構ストレスでした。

【不便なこと】

・お祈りの時間を考えないといけない
・ドライバーの勤務時間を考えないといけない
・ドライバーが休みの日に出かけたい時は前もって交渉しておく
・休みの日に思いつきで行動できない
・ドライバーが病気などで急に休むと予定が変わってしまう
・レジャー施設などの入場料はドライバーの分も支払わなければならない
・1日中出かけない日があると申し訳ないと思ってしまう

熱心なムスリムのドライバーだと、「金曜日のお祈りだけは行かせてほしい」と言われることがありますので、金曜日のお昼の時間帯(1時間程度)は車を使わないように調整しなければなりません。

また、休みの日に休日出勤してもらう場合は、前もって交渉しなくてはいけないので、その日に思い立って行動ということが基本的にできません。

そして、1日外に出かける用事がない時に、「1日中待たせておくなんて、なんとなく申し訳ないな」と思ってしまうのですが、これに関しては、ドライバーは待つことも仕事なので、気にしなくて大丈夫です。(そう言われても気になってしまうのですが、、、)

しかし、デメリットばかりではありません。
日本の生活に比べてメリットもあります。

【便利なこと】

・どこに行くにも”ドア to ドア”
・移動時間に寝れる
・郵便局などに荷物を取りに行ってもらえる
・子どもの送迎を頼める

どこに行くにもロビーの前で降りて、ロビーの前まで迎えに来てくれます。

運動不足になってしまうのですが、自分で駐車場に車を停めることはないので、かなり楽ですね!

他にも、郵便局に荷物を取りに行ってもらったり、子どもの習い事の送迎なども私はお願いしていますが、これは信頼できるドライバーにしかやってもらいません。

ドライバーとの契約方法

私の一人目のドライバーさんは、家庭車をレンタルしている会社からの派遣ドライバーでした。

最初は私もインドネシア語が全く話せなかったので、あまりコミュニケーションが取れなかったのですが、突然「田舎に帰るから3日間だけ代理のドライバーが来るよ」と連絡があり、その後ずっと音信不通でそのまま代わりのドライバーに交代してしまいました。(笑)

ecca

「田舎に帰る」と行って音信不通になるのはインドネシアあるあるですね、、

二人目のドライバーさんはとってもいい人だったのですが、レンタカー会社の派遣ドライバーは料金が高く、特に延長料金が高かったので、子どもが放課後帰ってきてアパート以外での習い事に連れていくということができませんでした。

ecca

延長すればするほど料金が上がっていくシステムでした、、

そんな時、タイミング良く本帰国する方からドライバーさんの紹介がありました。

この場合は、個人契約になるので、ドライバーさんと私の直接契約となります。

個人契約のお給料はドライバーさんによってまちまちですが、基本的に派遣ドライバーよりは安くなることが多いです。

勤務時間も長く、延長料金も安く、おまけに“すごくおすすめのドライバーさん”だということで、このドライバーさんと個人契約することにしました。

派遣ドライバーはある程度の信用がありますが、個人契約する場合は日本人からの紹介で契約することをお勧めします。

ドライバーとのよくあるトラブル

私はトラブルというトラブルに遭遇したことはないのですが、よくあるトラブルとして、

・態度が悪い
・運転が荒い
・ガソリン代をちょろまかす
・車を勝手に使う
・お金の貸してほしいと頼まれる

などなど、いろんなことを耳にします。

不満な点があれば伝えた方がいいですが、インドネシア人は宗教がら、怒られるのに慣れてない、人前で怒られるのを嫌うという人たちなので、ご主人の方から伝えてもらうことをお勧めします。

ecca

私の知り合いの話ですが、夫婦でガツンとドライバーさんを怒ったところ、次の日から出勤してこなかったそうです。

良い関係を築くためには

家庭車のドライバーさんは、私にとって居てもらわなくてはならない存在です。

ドライバーさんとの関係がギスギスしていると、毎回イライラしてしまいますよね。

インドネシアではチップを渡すという習慣はあまりありませんが、ドライバーさんが気持ちよく働いてもらうために、荷物を取りに行ってくれたりした時に、お釣りを収めてもらったり、時間外が多くなってしまった時は延長代を少し上乗せしたりしています。

ほぼ毎日顔を合わせないといけないからこそ、お互い気を遣い合っていきたいものです。

まとめ

今回はジャカルタ生活には欠かせないドライバー事情についてお話しました。

・ジャカルタで生活するためには交通面と安全面の上からもドライバーが必要
・ドライバーには派遣ドライバーと個人ドライバーがいて、それぞれメリット・デメリットがある
・毎日顔を合わせるからこそ、お互いに気遣って良い関係を築く必要がある

以上、最後までお読みいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる